ウーマン

気になるシミ治療の方法が盛り沢山|ヨゴレ一つない素肌は美人の証

ボトックス注射で小顔に

注射

エラボトックスは、咬筋にボトックス注射を打つことで小顔になる施術です。咬筋を和らげ、シャープな顔になることが出来ます。ただし、即効性があるわけではなく、数週間かけて細くなっていくので計画性が必要です。継続して打つことで持続性が上がっていきます。中には、半永久的な効果を得ることも可能なのです。

もっと読む

肌の美容に特化した医院

医者

美容皮膚科は肌の美容ケアに特化した治療が受けられる診療科です。最近になって多くの開院が見られる診療科で、事前のカウンセリングを利用して最適な医院を探す工夫が大切です。美容整形外科と美容皮膚科は術後の回復期間に違いがあります。それぞれのメリットを理解したうえで診察を受けましょう。

もっと読む

美容皮膚科でシミを消す

女の人

シミを治す治療

市販の美白化粧品はシミの予防効果を持つ商品が多く、出来たシミを取ることは難しいです。しかし、美容皮膚科クリニックでシミ治療をすれば、すでに沈着してしまったシミを無くすことができます。美容皮膚科のシミ治療の種類には、内服治療、外用薬治療、フォトフェイシャル、レーザー治療などがあります。内服薬ではトラネキサム酸がシミや肝斑に効果的です。外用薬ではトレチノイン軟膏とハイドロキノン軟膏が有名です。強い美白効果があり、自宅でスキンケアをするついでに使えます。院内のシミ治療ではフォトフェイシャルなどの光系の治療やレーザー治療があります。フォトフェイシャルは顔全体の美白効果があり、レーザーはシミだけ狙って消すことができます。ヨゴレ一つない素肌は美人の証です。

シミの種類

顔にシミがあると老け顔に見られます。一口にシミといっても、いくつかの種類があります。紫外線がメラノサイトを活性化して出来るシミのことを、老人性色素班と言います。老人性色素班は最も多いシミのタイプです。加齢や摩擦などのダメージを受けると、老人性色素班がさらに濃くなることがあります。老人性色素班は内服薬や外用薬よりも、フォトフェイシャルやレーザー治療が効果的です。ホルモンバランスの乱れでできるシミのことを肝斑と言います。肝斑は50才前後になるとできやすいシミです。左右対称にぼんやりとした影のようなシミができます。肝斑を治すにはトラネキサム酸とレーザートーニング、ケミカルピーリングなどのシミ治療が効果があります。

潤いで悩みを改善

婦人

ヒアルロン酸注入は、医師の資格を持った人が行うようになっています。ヒアルロン酸は高い保湿力があるので、肌に注入することで、内側からハリやツヤが生まれるようになっています。その結果ほうれい線や表情じわを改善することができます。

もっと読む